小さくてとても可愛いく飼いやすいインコ

金魚、ウサギ、ねこ、インコなど小さい頃から色々な種類の生き物を飼ってきました。その中で一番長く飼っていたのはインコでした。寿命もねこや犬と同じくらい長く10年以上元気に生きてくれました。一羽一羽それぞれ性格が違います。雛のころから飼っていればもちろん手乗りになってくれるのですが、成鳥してかうとやはり手乗りにはなかなかなってくれませんでした。

オスは言葉を覚えさせるとどんどん覚えてくれ、誤って外へ逃げてしまったときに誰かが捕まえてくれてらちゃんも戻ってきてくれるようにと、名前、住所、電話番号をしゃべれるよう覚えさせたりしていました。

名前を呼ぶと呼ばれていることがわかるようでとても可愛かったです。翔べるにもかかわらずトコトコと歩いて近寄ってくる姿などは可愛くてしかたがありませんでした。どんなペットでも家族の一員だとおもいます。インコもそうで、亡くなってしまったときは本当に本当に悲しく何年かひきずりました。いなくなってしまったときの悲しさが忘れられずそれからは飼うことをしなくなりました。それでもやっぱりインコが可愛いとおもう気持ちは変わらずもしもまたペットを飼うことがあればインコを飼うだろうなとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です